こまちさんの内部事情

不眠症に悩まされるこまちさんの内部事情

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週の木曜日のこと。
ワインダイニング ル ボン ヴィボン 六本木に行ってきました。男性と2人で! ……高校大学同期の星彦くんですけども。
このお店、実は高校同期のシニアソムリエ・吉岡くん(本名出しちゃったけどいいよね)が経営しているお店でして、星彦くんの会社にお店のDMが届いたので「じゃあボーナス入ったら行くか~」なんて話になっていたのです。

「私たちのことわかるかな~?」これがいちばんの問題。というのも、私たちは2人とも外見が変わってしまった! ふくよかに!!(泣) その上、高校時代ずっとショートヘアだった私は、ロングヘアにしただけで誰だかわかってもらえない始末(3月に母校に行ったとき、何人の人に驚かれたことか)。ついでに吉岡くんと私は高校時代に特に仲が良かったわけでもないので「……誰?」という反応が来る可能性も否定できません。

ミッドタウンでお茶した後、いざ、お店へ。場所、ミッドタウンの向かい。一等地にも程があります。
ドアを開けると吉岡くんがお出迎え。まず星彦くんの顔を見て「おお!」どうやらわかってもらえたようです。次いで私の顔を見て「おお!」「え、覚えてる?」「覚えてる覚えてる!」何とか私のこともわかってもらえたようです。そして私たち2人の顔を交互に見ながら「え、どういうつながり?」ありがとう! そのツッコミを待ってたよ!! そうだよねー、私たちの接点がわからないよねー。3月に再会して以来、時々連絡取り合う仲です。それだけ。

お店の雰囲気は落ち着いていて、寒からず暑からず。朝から冷房攻撃に悩まされていた私にはとても嬉しい環境でした。そして私たちはワインのことなどさっぱりわからないので「白を中心にお願いします」。希望はそれだけ。
で、おいしいお料理と共に出てきたワイン、計4種類(最後だけ赤)。白ワインにもいろいろあって、わかりやすく辛口のものから「えっ、フルーティな香りがするけどこれ辛口なの!?」なんてものまで。最後に出てきた赤ワインはとても軽くて、赤は苦手な私でもするする飲めました。

結局3時間ほどお店にいて、星彦くんにおごっていただき(ありがとう、同期の男性におごられる日が来るとは思ってもみなかったよ)、またねー、とお店の外へ。
星彦くんの回りっぷりったら尋常じゃなく、ものすごくふらふら。こちらが「送って行こうか?」と心配になるぐらい。今ならこいつをお持ち帰りできる!とか思いましたが、いろんな意味で「ない」選択肢でした。私? ほぼシラフでした。楽しいお酒は酔わない、が持論の私でも、ちょっとしたガッカリ感。だって目の前にはものすごく酔ってる人がいるんですもの。その人と全く同じ量を飲んだのに、顔色1つ変わらない自分の体質がちょっと憎くなったり。

翌日、吉岡くんにメールを送ったら、丁寧なお返事が。「学生時代交流のなかった同期に来て頂けるのがとっても嬉しい!」……そうだよね、こうやって友だちの輪がまた広がっていくのかなと思うと、私もとても嬉しいです。また何かの折に寄せていただきます。

こちらのお店、本当にお勧めです。ワインがお好きな方はぜひ!
関連記事
スポンサーサイト

吉岡君のお店、去年年末の同期忘年会二次会で行ったよ~。料理もとても美味しかったよね!また行ってみたいわ~。で、星彦君って誰よ?!

2010.07.12 10:17 URL | でび #J8TxtOA. [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://komachi.blog2.fc2.com/tb.php/633-52584f66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。