FC2ブログ

こまちさんの内部事情

不眠症に悩まされるこまちさんの内部事情

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週の土曜日に、職場で多大なストレスを受けることが2つもあって、自分の考えは整理できたものの、感情は落ち着かせることができず。しかしそれが原因で「仕事に行きたくない」とは思わなかったので、おお、私も強くなったもんだなあと思ったら、

日曜はお腹を下し放題。しかも血が混じる始末。普段は胃に来るのに、今回は腸? 珍しいなあなどと思っていたら、

月曜の朝、激しい胃痛に見舞われ、朝イチで病院へ(年始に私を殺しかけた病院だ)。胃腸科の先生は検査が入っていて1時間待ちとのこと。そんなこともあろうかと本を持参していたので読んでいたら、

待合室が寒い。尋常じゃなく寒い。半袖Tシャツの上に長袖パーカーという出で立ちの私が震えるほど。なぜ周りの人は半袖で平気なんだ。あまりにも辛くて、受付に「気分が悪いので、横になりたいんですが」と申し出。しばらくして診察室内のベッドに案内されたが、そこも私には寒い。しかもかなり小さいサイズの毛布しかなかったので、下半身にかけてしばらく待つと「隣のベッドに移動できますか?」。

移動したら、先生がいた。もしかして検査の途中で来てくれたのかしら。問診と触診の結果「急性胃腸炎ですね。点滴しましょう」。

点滴室へ移動すると、そこは窓が開いているだけでエアコンはかかっておらず、快適。それでも布団は肩までかぶった。針を2回も刺された点滴は2時間ぐらいかかると言われたが、うとうとしている間に1時間半ほどで終了。ブスコパン入りだったので声が枯れるほど口が渇いた。

職場に電話して2日間欠勤させてもらうことに。点滴と飲み薬のおかげで症状は落ち着き、本を読む余裕もあった。

今朝は早く目が覚めてしまい、洗濯の後二度寝をしたら、頭痛で起きた。どうやら私のストレスは胃腸の次は頭に現れるらしい。昼にも頭痛の予兆あり。←今ここ

人間、生きていく上で多少のストレスは必要だと言われています。しかしストレス過多で体調を崩してしまうとは、何とも情けない。職場にも迷惑をかけているし。しかし事情を知っている母からは「職場に迷惑をかけてでも休みなさい」と言われ、実際、出勤しなくてもいいんだと思うだけで気持ちは軽くなったので、休まなきゃいけない時期だったのかな、と考えるようにしました。「春に頑張りすぎたんだからちょっと休めよ」と身体がSOSを発したんだと解釈。

私が反省すべき点はかなりあったので、そこをうまく直していくのがこれからの課題です。

それにしても、感情的になってずっと引きずる女性と、知識不足なのにプライドだけは人一倍な男性は大っ嫌いです。そういう相手とうまく付き合っていくのが「大人になること」なんでしょうけど、面倒ですね、大人になるって。
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://komachi.blog2.fc2.com/tb.php/616-e860dbc5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。