こまちさんの内部事情

不眠症に悩まされるこまちさんの内部事情

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、昔はまったドラマを掘り返して観ています。

『沙粧妙子-最後の事件-』
95年の夏の作品です。干支一回り以上しちゃってますね。
名作だと思います、結果的に豪華キャストになったし。
浅野温子のもったいつけた演技と室井以前のギバちゃんの大げさな演技がたまりません。
DVD化が待たれます。

『眠れる森』
98年の秋の作品です。これももう10年以上前か!
結婚式のシーンがあるのですが、クリスマスイブの夜8時開始、カウントダウンあり(深夜だというのに子どもたちのコーラスあり)、しかも会場は東京湾に浮かぶ船の上。ストーリー上重要な設定とはいえ「参加したくない結婚式」の上位に位置づけられると思います。
私の中でユースケ・サンタマリアの評価が急上昇したドラマです。

『愛と青春の宝塚』
02年のお正月の作品です。ええー、もうそんな前になるのー?
藤原紀香がトップスターの役というのは、結構はまっていたと思います。華やかですし、スタイルもいいですし。
そして仲村トオルの軍服姿がかっこいいということをはっきりと認識したドラマです。演技については触れませんが。
まあ、ラストの制服姿は無理あると思いますよ……。

次に観たいのは『王様のレストラン』。特にラス前を観たい。
逆に観たくないのは『ケイゾク』。あんなにはまったのになあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。