こまちさんの内部事情

不眠症に悩まされるこまちさんの内部事情

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
去年に引き続き、年越しはまつく邸だったため、東名を横浜に向けて車で走っていたところ、とんでもない目に遭いました。

海老名は混むから中井で休憩するかーと思い、3車線の真ん中を走っていた私。右の車線を黒いバイクが走っていったので「おー、バイク頑張ってるなあ」と思って眺めていたら、

そのバイクいきなり転倒。

ライダーは中央分離帯に投げ出され、バイクは回りながら左に滑って私の目の前に。ひいいいい! 左車線に逃げる私。
視界の端で、バイクは更に左に。前の車が右車線に逃げると、またしてもバイクが目の前に。ひいいいい! 右車線に逃げる私。
既に路肩には何台か車が停まっていたため、私も減速ついでに路肩に停めて、転がったバイクの方へ。投げ出されたライダーはなんとか自力で立ち上がったらしく、男性が2人肩を貸して路肩へ連れ出していました。バイクは100m近く滑っていちばん左の車線で止まっていて、「カワサキの1400か……」と認識して、キーをOFFにしてキルスイッチも押して、とりあえずライダーのもとへダッシュ。
ライダーは意識はしっかりしていて「右足が痛い」と。見ると皮パンの膝が破れて血がにじんでる。多分骨折。ジャケットはあちこち切れて綿が飛び出してる。グローブもずたずた。メットは後頭部を擦った跡あり。聞けば前の車が急に減速したので、車間が詰まってしまい、ブレーキをかけたらハイサイド、と。……夏で薄着してたらもっと怪我ひどかったと思います。
車を停めて助けに行った人たちの中にブラジル人のグループがいて、倒れたバイクを起こして路肩にどけてくれました(恐らくライダーを助けに行ったのもこの人たち)。親切だ……言葉が通じなくても、困った人を助けようっていう気持ちにものすごく感動しました。
その他の人たち、どうやらみんなライダー。中井PAにバイク停めて助けに来てくれた人も。バイクに乗る人は、助け合い精神旺盛なんだろうか。明日はわが身だし。

結局警察は通報から30分弱で到着。目の前で事故を見たので事情聴取をされて、ライダーが救急隊員に処置を受けているのを見て、その場から離れて目的地に向かいました。

今にして思えば、高速道路で停車しちゃいけないとか、事故ったバイクにうかつに近寄っちゃいけないとか、反省点もありましたが、大事故にならなくてよかった。後続車(私含む)がぶつかることもなく、バイクが壁で跳ね返ることもなく、何よりライダーが無事で。
あのおじさん、ひどい怪我じゃないといいなあ。

でもね。
多分私、ここで今年の運を使い切った。
元旦からまた新規ポイント積み立てだ。

よくよけられたな……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。