こまちさんの内部事情

不眠症に悩まされるこまちさんの内部事情

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
事の起こりは先週水曜から木曜にかけて。
たぬきち邸にお泊まりしたのですが、朝起きたら左首筋から肩にかけて痛みが。ああ、こりゃ寝違えたな、まいったなー、明日になれば治るかなあ、と思っておりました。痛みを取るために、消炎鎮痛剤と筋弛緩剤を服用して湿布を貼って就寝。

翌朝。何だか痛みがひどくなっています。仕事に行ったらどんどん痛みが増してゆき、ついには吐き気が。これはヤバそうだ、と思い早退。飲み薬は控えて、湿布のみに止めて就寝。

土曜の朝方、目を覚ますと、痛みが引くどころかひどくなっている有様。さすがにこれは専門家に診てもらおうと決意し、職場に欠勤の連絡を入れ、無理矢理車を運転して接骨院へ。
「筋肉が炎症を起こして、軽い肉離れになってます」
しばらく電気治療を行うことになり、マッサージ厳禁(出血しちゃうから)、患部を冷却、安静に、と言い渡されて帰宅。あまりの重症っぷりに呆然。
しかし安静にと言われても、首をちょっと動かせば痛い、かといって寝ても痛い、というひどさ。結局、座って自然に肩を落としている体勢がいちばん楽だということに気付き、雑誌や本を読み漁る週末に。

月曜の朝、再び接骨院へ。少し熱が取れてきて、良くなってきているとのこと。電気をかけてもらって軽く(ほぼ撫でてる程度)マッサージをしてもらって冷湿布を貼ってもらって「また明日」。保険がきかなければ泣きたくなる頻度での通院です。
仕事には行ったものの、症状を説明して「重いものは持てません」と宣言。できる限り左肩を使わないように注意しながら、溜まった仕事をひたすら処理。

昨日の朝も今朝も治療をしてもらって今に至ります。とにかく車の運転がキツイ。通常振り向くときは腰をひねって振り向くようにしているので患部に負担はかからないのですが、運転中は首しか動かせません。しかも左側は巻き込み確認のため、ひねる頻度が高いので、長距離の運転はまだ厳しそうです。

鍼灸の専門家・Mamiちゃんに経過を説明すると「治りが早い方だ」とのこと。時間はかかるだろうけどゆっくり治してね、とのことなので、気長に構えようと思っています。

今週いっぱいでどうにかなりませんか、先生。
スポンサーサイト
私は冷房が苦手です。真夏でも極力扇風機の弱風首振りで対処します。恐らくエアコンのない家で育ったために、冷房に慣れることができなかったのだと思います。

職場からは長袖ユニフォームと半袖ユニフォームを2枚ずつ支給されていますが、半袖で3日ほど働いたらものすごくだるくなってしまったため、それ以降、どんなに暑くても長袖を着ることにしています。もちろん汗だくです。昨年はレジに入っていたら、お客さんに「すごい汗」と指摘されました。従業員にも「見た目が暑苦しい」と不評ですが、健康には代えられません。そのため半袖は新品同様です。

で。現在当店は、エアコン5台中3台が故障するという悲劇に見舞われています。あまりの暑さに冷ケースがオーバーヒート。売り場のチョコレートは全滅です。今週中には直るらしいのですが、そもそも設備が古く、部品を取り替えるだけでは難しいらしく「もういっそ建て替えちゃえよ!」な感じです。
そんな状況なので、従業員の皆様は結構バテバテです。しかし私は意外と平気です。だって毎年暑い思いしてますから。
ですがここで予想できなかった罠が。私の主な持ち場である調剤室と待合室は、エアコンが効いて快適なのです。そこで汗ひとつかかずに仕事をしている最中にレジに呼ばれたりすると、あまりの暑さに一気に汗が吹き出します。きっと温度差も5℃近くあるでしょう。おかげで身体がついて行かずに、どっと疲れます。最近はドリンク剤のお世話にもなっています。早くエアコンを直してもらわないと、私は倒れるような気がします。

それにしても、世の中エアコン効きすぎじゃありませんか? 先日浜松まで行く新幹線の中で、当たり前のように寒かったので、長袖のカーディガンを羽織っていました。エアコンの効いたぽん太邸でお風呂上がりに「ちょっと涼しいかなー」と思っていると、同じくお風呂上がりの彼女は更に扇風機をつけて氷入りの飲み物を飲んでいました。信じられない。

汗っかきで特に顔の汗がひどい私は、この季節は苦労が絶えませんが、「汗をかくのは健康な証」と思い込んで日々過ごしております。
でも仕事中にまとめ髪をしているにもかかわらず汗が首筋に滴り落ちるのはどうにも我慢ならないので、今日は少し髪を切ってきます。思えば肩甲骨より長く伸ばしたのなんて、生まれて初めてです。いっそショートヘアにしたいぐらいですが、母から「絶対暑いからそれは秋以降にしなさい」とのアドバイスを受けたので、今回は高めの位置でポニーテールができる程度の長さにしてもらおうと思います。
私はエアコンのない家で育ったので、すぐ冷房病にかかります。職場でみんなが半袖で仕事をしている中、1人長袖で顔に汗だらだらで「暑苦しい!」と言われています。だって仕方ないじゃない、夏場に半袖で3日仕事したら、ものすごくだるくなったんだもの。

というわけで、梅雨も明けて本格的な夏、各種ひんやりグッズは必需品です。
まず、シーブリーズ デオ&ウォーター。胸の谷間や下など、あせものできやすい場所に叩き込みます。と書くとまるで私が巨乳のようですが、そんな事実はありません。
シャツの背中部分にはシャツクール。小林製薬らしいストレートなネーミング。中身はエタノールとl-メントールなので、うちで売ってるエタノールとハッカ油で作れるんじゃね?と思ったのは内緒です。シャツがしっとりする程度に吹き付けて着ると、2~3時間ほどひんやりです。
首の後ろ側にはピタリスウェット(ページ最下部)。理想としては保冷剤をあてたいところですが、社則&見た目的にアウトなので、こちらを塗って顔の汗を少しでも減らそうという魂胆です。ま、気分の問題です。

帰宅後、お風呂から上がる前にはバブシャワー。クールを愛用中です。胸周り、肘・膝の裏に塗ってしばらく置いて流すと、ひんやりさらさらです。
そして寝苦しくて起きてしまう夜、ありますよね。エアコンとか扇風機のタイマーをかけて寝たら、止まった途端目が覚めてしまうみたいな。そんなときはクールボディミスト。逆さにしてもスプレーできる優れもの。これを胸元や背中にスプレーして、改めて扇風機のタイマーをかけて寝ると、かなり気分良く眠れます。

番外編。毎晩髪を洗った後はきっちり乾かしているのに、朝になると髪がしっとりするほどの汗をかいています。大変不快なのでヘアリフレッシャーを使用。頭皮がひんやりすっきりです。

せっかく買ったのに滅多に使わないもの:アイスノンピロー。高さが合わないんですよね……バスタオルを巻いた上にこれを置いて、枕カバーをかければ丁度良くなるのかも。

これだけの対策をしても、メイクも落とさんばかりに流れる汗には対抗できないのです。マメにタオルハンカチで押さえるしかありません。女優は顔に汗をかかないと聞きますが、どうしたらそういう体質になれるのでしょうか。首から下はいくらでも汗をかいていい! 頭と顔だけは勘弁して!!
先週の土曜日に、職場で多大なストレスを受けることが2つもあって、自分の考えは整理できたものの、感情は落ち着かせることができず。しかしそれが原因で「仕事に行きたくない」とは思わなかったので、おお、私も強くなったもんだなあと思ったら、

日曜はお腹を下し放題。しかも血が混じる始末。普段は胃に来るのに、今回は腸? 珍しいなあなどと思っていたら、

月曜の朝、激しい胃痛に見舞われ、朝イチで病院へ(年始に私を殺しかけた病院だ)。胃腸科の先生は検査が入っていて1時間待ちとのこと。そんなこともあろうかと本を持参していたので読んでいたら、

待合室が寒い。尋常じゃなく寒い。半袖Tシャツの上に長袖パーカーという出で立ちの私が震えるほど。なぜ周りの人は半袖で平気なんだ。あまりにも辛くて、受付に「気分が悪いので、横になりたいんですが」と申し出。しばらくして診察室内のベッドに案内されたが、そこも私には寒い。しかもかなり小さいサイズの毛布しかなかったので、下半身にかけてしばらく待つと「隣のベッドに移動できますか?」。

移動したら、先生がいた。もしかして検査の途中で来てくれたのかしら。問診と触診の結果「急性胃腸炎ですね。点滴しましょう」。

点滴室へ移動すると、そこは窓が開いているだけでエアコンはかかっておらず、快適。それでも布団は肩までかぶった。針を2回も刺された点滴は2時間ぐらいかかると言われたが、うとうとしている間に1時間半ほどで終了。ブスコパン入りだったので声が枯れるほど口が渇いた。

職場に電話して2日間欠勤させてもらうことに。点滴と飲み薬のおかげで症状は落ち着き、本を読む余裕もあった。

今朝は早く目が覚めてしまい、洗濯の後二度寝をしたら、頭痛で起きた。どうやら私のストレスは胃腸の次は頭に現れるらしい。昼にも頭痛の予兆あり。←今ここ

人間、生きていく上で多少のストレスは必要だと言われています。しかしストレス過多で体調を崩してしまうとは、何とも情けない。職場にも迷惑をかけているし。しかし事情を知っている母からは「職場に迷惑をかけてでも休みなさい」と言われ、実際、出勤しなくてもいいんだと思うだけで気持ちは軽くなったので、休まなきゃいけない時期だったのかな、と考えるようにしました。「春に頑張りすぎたんだからちょっと休めよ」と身体がSOSを発したんだと解釈。

私が反省すべき点はかなりあったので、そこをうまく直していくのがこれからの課題です。

それにしても、感情的になってずっと引きずる女性と、知識不足なのにプライドだけは人一倍な男性は大っ嫌いです。そういう相手とうまく付き合っていくのが「大人になること」なんでしょうけど、面倒ですね、大人になるって。
今日は仕事を休みました。体調不良で。嘘は言っていません。ただ体調不良の原因が「心が折れた」ということが問題。要は「仕事する気になれないから」サボったわけです。社会人失格。

ここのところ、仕事に対する不満はかなり溜まっています。仕事内容にも、人間関係にも。いつからだろうと考えると、前管理薬剤師さんが異動してしまってから。いや、もっと前だな、店長が代わってから。
今の私を評して、友だちが「添え木のなくなった朝顔」と。朝顔は添え木がないと上には伸びていけません。つまり今の私は、前店長と前管理薬剤師さんという2本の添え木を失ってしまった朝顔、というわけです。代わりの添え木はなし。そりゃ心が折れるわけです。

どのあたりが問題なのだろうとつらつら考えたところ、自分の立場が原因なのではないかと思い当たりました。ヘルスケアチームでいちばんの年長者なのに(私より年上の登録販売者が1人いますが、雑貨担当として引き抜かれてしまいました)、立場はいちばん下。薬剤師でも、社員でもない、ただのパート。このお店での経験はいちばん長いのに、いちばんの下っ端。

今までは困ったことがあれば、立場も年齢も明確に上の、前店長や前管理薬剤師さんに相談できたのです。今はなかなかそういうわけにもいきません。もちろん、仕事上のことであれば、現管理薬剤師に相談できます。しかしそれ以外のこととなると、余計なプライドが邪魔をして、なかなか相談できません。そもそも仕事上のことでさえ、私の方が経験が長い分よく知っているのに、薬剤師ではないから口出しができない、そんなことだらけです。

しかし考え方を変えれば、今が私が大きく成長できるチャンスです。苦手な人間関係にも真正面から立ち向かって、仕事にはあまり役に立たない資格の勉強をして、1人の大人として大きくなるチャンスです。

昨夜、学生時代から仲良くしている先輩から電話がありました。「……別に用事があるってわけじゃないんだけどねー(笑)あ、ブログ読んでるよ」。恐らく、心配してかけてきてくれたのだと思います。身内でもないのに、私のことを心配してくれる人がいる。それはとても嬉しく、心強いことです。

さて、いつまでも地面にへたりこんでしまった朝顔でいるわけにはいきません。自分の足で立ち上がらなければ。例えば、そうだなあ、ひまわりなんてどうでしょう。常に上を向いている、いいじゃないですか。やや強すぎるイメージはありますが。
仕事中にじわじわと私を襲ってきた左耳の下の痛み。市販薬でどうにかしようと管理薬剤師Yさんに相談したところ「いつもの病院行ってくれば?」。時間は11時45分。土曜は午後もやってたと思うけど、GWに入っちゃったしどうかなーと思って電話で確認すると「午前中の診療は終わりましたが午後は13時半からやってます」との返答。ちょうど休憩とかぶるので、行くことに。
休憩に入る前に「耳下腺炎かもねー、熱出るんじゃない?」と脅され、「扁桃腺? 熱出るねー」と追い討ちをかけられ、どうしよう私は明日は休めないんだけどなとどきどきしながら病院へ。
病院激混み。そりゃそうか、連休前だしな。自宅に寄って雑誌を持ってきて正解。1冊読み終わっちゃうぞ、というタイミングで呼ばれ、診断結果は「顎関節症」。なんか最近のオチはみんなこれだな。あまりひどければ口腔外科へ紹介するけれど、それほどでもないし、ということで解放。痛み止めが必要なら出すと言われたので、薬の名前を聞いて、確実に職場にあるものを選び、休憩時間をかなりオーバーして職場へ。
「薬今飲めば?」と言われましたが、顎関節症とわかった途端に痛みは和らいだので、そのまま仕事。

そんなにひどくない顎関節症って、自分でどうにかなるものでしょうか。片側で噛まないようにするとか、そういったことしか浮かばないんですが。
シフトが変わって1週間。ちょっと気合を入れすぎたのもあって、疲れが溜まってきました。そこで薬剤師Iさんに相談。
「疲れが取れないんですけど、何かお勧めはありませんか」
「シフトが変わったから慣れないんですよ」
「それはわかってます。日中飲むならカフェイン入りも可」
「そうですねえ……匂いが気にならなければ、アリナミンAあたりが効きますよ」
「ほう、ビタミンB1を摂るわけね」
「あと、ドリンク剤はもらい物は効きません。自分でお金を払った分だけ効きます」
「ああ、高いやつ飲んだら効いた気になりますもんね」
というわけで、お金を出してドリンク剤を買ってみることにしました。確か明日限りの商品が10本で450円しなかったはず。ちなみに当店お勧めドリンクは10本998円。成分も後者の方がいいのは重々承知ですが、そんなに強くなくていいよ。私滅多にドリンク剤飲まないし。きっと1本50円未満でも効くさ! カフェイン入ってるし! と自分に言い聞かせて、今日は試供品のドリンク剤を飲んで行こうと思います。

というか、エスタロンモカでも飲んでればいいのでは。
昨日の感想:器の小ささにびっくりです。

メンタル系の薬を常用しているような人(私も含む)は、季節の変わり目、特にいわゆる「木の芽どき」は調子を崩しがちです。私も毎年そうでした。しかし今年はそんな様子もなく、このまま初夏を迎えられるのではと思っていましたが、気を抜いた瞬間にきました。というか、今年はアドレナリン出まくっててダウンするどころじゃなかっただけでした。
それでも昨年までよりは明らかに調子はいいです。でも無駄な我慢をすることはないと思い、禁断の頓服薬に手をつけることにしました。禁断とは言っても「多く飲んだら命の危険が!!」という類のものではありません。少しだけ常習性が高いだけです。……違法な薬じゃないですよ?
1錠飲んで仕事へ行きましたが、何だかいまいちで、休憩中にもう1錠。ちょっとどきどきして1日の最大量を調べてしまいました。6錠までいけることが判明。なら大丈夫だ。

問題はここからです。帰宅して、いつものように睡眠薬を飲み、お風呂に入って髪を乾かして、たまたま捕まった同級生とお酒を飲みながらメッセ。医薬品とアルコールの併用はだめ、というのは置いておいてですね。普段ならほろ酔い程度で治まるところが、2杯でふらふら。確実に頓服薬2錠が効いちゃってます。お酒はそこで打ち切り。何かお腹に入れた方がいいと思い、軽い夕ご飯並みの量を食べて就寝。太る要因満載ですがそんなこと言っていられません。吐くのだけは嫌。

今朝起きたらすっきり。昨日もやもや考えていたこともすっきり。薬、お酒、友だちとの会話。どれも効いたみたいです。

良い子のみんなは薬とアルコールの併用は絶対しちゃだめです。登録販売者からのお願いです(肩書きを名乗るな)。
昨日耳鼻科に花粉症の薬をもらいに行ったら、レントゲン撮られて鼻に管を通されました。抗生物質出してくれたからいいんですが、今月既に医療費で死に掛けています。ああ、健康ってほんとに大事。
症状は昨日がピークだったようで、かんでもかんでも湧いてくる鼻水のおかげで、ゴミ箱がティッシュで一杯になりました。身体中の水分が鼻水となっているのではなかろうか。そんな勢いで出ております。
寝ている間は症状も治まっているのですが、起きた途端に鼻水地獄です。今日は職場で試供品の葛湯をもらってきました(しかも咳で仕事にならなくて早退させてもらいました)。
明日の朝起きたらやることは恐らく「旅行キャンセルメールを送ること」ですね。くそう、楽しみにしてたのに。

しかし、ひき始めのときから薬を飲んでよく寝るようにしていたのに、1週間経っても治らないとは、私も年を取りましたな。
母が元日に「ええっ、こまちちゃんもうそんな年になるの!?」としきりに驚いていましたが、自分の年を考えて物を言って下さい母。
仕事を早退させてもらおうと思ったらだめだったので、代わりに病院へ行かせてもらうことに。
受付で事情を説明して、受付票をもらってしばし待機。
先生に呼ばれて事情を説明すると(つか、受付のお姉さん説明しといてよ)
「あ、ほんとだ、すみません」

……あ、ほんとだ、って
あ、ほんとだって言ったのか今。何のための問診表だよ! 副作用歴なんていちばん初めに見ろよ! 患者に指摘されなきゃ気付かないってどうなのよ! あんた信用商売だろ!

ちょーっとぷちっときたので「……今回は軽く済んだからいいですけど……」と言ったらまた「すみません」。
おいおーい、これって医療ミスだろ? 「すみません」じゃ済まない事態になってたかもよ?

代わりの薬をただでもらって(当たり前だ)、仕事が終わる頃副作用からは解放されましたが、自分の身を守るのは自分なのね、と思った次第です。それにしてもアセトアミノフェンがだめってことは、絶対リウマチにはなれない。不便です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。