こまちさんの内部事情

不眠症に悩まされるこまちさんの内部事情

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久々に長文を書いてみるのです。新幹線の中は暇ですし。

とても大切な人がいます。優しくて、器用に見えて、不器用な人です。
その人は今、仕事でとても忙しい生活を送っています。満員電車で出勤して、帰宅は毎日、日付が変わってからです。寝るためだけに帰宅する日々です。休日出勤も少なくありません。

私にできることといえば、毎朝モーニングコールをすることだけです。
その人は、目覚ましが鳴ってもなかなか目を覚まさない人です。なので、何度もコールをしなければ、電話に出てくれません。
最初の一週間は「モーニングコールのおかげで、何とか仕事に行けた」と言っていました。
次の一週間は出張で、寝起きする時間がバラバラでした。
その次の週から、10回以上コールをしなければ起きられないようになりました。何分もコールをする日が増えていきました。
つい先日、10分以上コールをしても出ない日がありました。時間を置いてかけ直しても出ません。やっと繋がったときには、いつもの時間から70分以上が経過していました。結局その日は、午後から出社したそうです。

その夜、久々にその人の顔を見ました。身なりには構っていられないといった風情で、体調も崩していました。誰が見ても「いつ倒れてもおかしくない」姿でした。

当然私は心配しました。思っていたよりもひどい状態で、一瞬言葉を失いました。しかしその人はこう言いました。

「大丈夫だよ」

私は心配性です。私を気遣ってくれるのはもちろん嬉しいけれど、それ以上にその人の身体が、心が心配です。私の相手をする暇があれば、一分一秒でも長く眠って、疲れを癒してほしいのです。それなのに言うのです、「大丈夫だよ」と。「人間、そう簡単に死なないよ」と。

元々、無理を続けられるほど、身体の強い人ではありません。簡単には死なないかもしれないけれど、体調というものは、無理を重ねれば簡単に崩れるのです。

身体も心配ですが、もっと心配なのは心です。心というものは、ある日プツンと糸が切れたように壊れてしまうのです。私はそれが怖いのです。

しかし、私の心配は、その人にとっては「煩わしいもの」のようなのです。どんな言葉をかけても、額面通りには受け取ってくれず、裏を読もうとするのです。言葉を尽くせば尽くすほど、悪循環に陥ります。

私は今、途轍もない無力感に襲われています。どんなにその人のことを思っても、物理的には何もできないのです。それが悔しく、悲しくて、心が痛いのです。

心が痛いのです。
あまりの痛みに、涙が溢れます。しかも、泣けば泣くほど、痛みは増します。

「相手の身体を心配して体調を崩しちゃ、元も子もないよ」と言われました。全くもってその通りです。しかし、私が肩代わりできるのであれば、いくらでも代わってあげたい。辛いことは私が全部背負ってしまいたい。

私の願いはただ一つ。私の大切なその人に、心身共に元気であってほしいのです。たとえ、その人に寄り添うことができなくなっても。
スポンサーサイト
最近、年の差が開き気味のカップルをよく見かけます。昨日はアマ棋界の超有名人・Y氏の結婚の記事を読んでのけぞりました。お相手、一回り以上年下の女流棋士ですか。
将棋界というのは不思議なところで、指す将棋女子(最近は見る将棋女子も増えているとか)にとっては、そこそこ若くてそこそこの容姿でびっくりするほど将棋が強い、それだけでその男性の魅力は5割増です。なので将棋の強い男性は自分好みの女の子が選び放題です、ある程度。ちなみにこれは男性がプロの場合、あまり当てはまらないような気がします。勝負を職業にしちゃっている人とお付き合いするのはかなりの覚悟が必要ですから。

学生時代にお付き合いしていた方は私より9つ上だったのですが、その方の今の奥様は私より年下です。もっともその方は元々若い女の子が好みで、そんなに賢くない方がなおよろしいというタイプ。主導権を握りたい人なんでしょうねえ。

先日オフ会で会った方の彼女は15歳下とか。そこで私はかねがね疑問に思っていたことをぶつけたのです。「話合います?」
曰く「こっちが合わせます」とのこと。ああ、年上の方が努力するんですね。

そこで私は考えてみました。同年代の男性はとっくに結婚して子どももいる人だらけなので、この先年下の男性との出会いがあるかもしれない。例えば10歳下の男性と話が合うだろうか。うん、無理(即答)。私は最近のエンターテイメント系の話題にはかなり疎いので、そこで躓くと思われます。むしろかなり年上の男性の方が話を合わせられそうです。何しろ私は自分の産まれる前の話題をいろいろ知っているため、実の母に「年ごまかしてるんじゃない?」と言われるほどですから。

どこかに出会い、転がってませんかねえ(投げやりに)。
はい恋バナですよ! 君! 今から君のこと書くから! 覚悟しろ!

忘れられない異性はいますか?
小学生の頃の初恋に始まり、いろいろな恋愛をしてきた私ですが、今でも忘れられない男性がいます。
学生時代にいちばん長く付き合った人です。サークルの1つ上の先輩でした。
彼のどこに惹かれたのかと問われると、正直答えに詰まってしまうのですが、気が付いたら好きになっていました。ある日、学食でいつものように「私と付き合って下さいよ~」と言っていたら「うん、いいよ」と言われて、思わず「え、ほんとに?」と聞き返してしまいました。

彼は面白くて、行動力があって、にこやかで、とても穏やかな人でした。
実は彼は高校の先輩でもあって、私が高校1年の頃の集合写真を見たら、そこにいました。何となく、縁を感じたものです。
いろいろな話をしたものです。他の先輩カップルと一緒に渡辺美里のライブに行ったこともいい思い出です。
当時、私は精神を蝕まれていました。友だちにはそんな事実は話せず、彼に打ち明け、彼に頼り、彼に依存しました。忙しい中、私の家まで駆け付けてくれて、一晩中そばにいてくれたこともあります。
彼は公務員試験を目指して勉強中の身でした。彼を必要としながらも私は、これ以上彼に負担をかけてはいけない、彼の目標の妨げになってはいけない、そう思いました。
好きだから、大好きだから、別れを告げました。それが私にできる、最大の愛情表現でした。

時は流れ。
彼は少し早めの結婚をして、子どももいます。結局公務員にはならなかったけれど、彼にとても向いている職業に就いて、日々頑張っています。
1月の先輩の結婚式で、久しぶりに再会しました。とても若々しく見える彼がそこにいました。「家庭を顧みてないからだよ」なんて笑っていましたが、今の彼が私にとって「いい男」でいられるのは、奥さんと子どもたちの存在が大きいわけで。軽い嫉妬を覚えながらも、いい家族を持ったね、だから頑張れるんだね、と素直に思えます。

ああでも奥さん、来世は私が彼と結婚するつもりですのでよろしく(笑)
誰しも「忘れられない言葉」というものを持っていると思います。それは励ましの言葉だったり、慰めの言葉だったり、はたまた怒りの言葉だったり。
私にもそういう言葉があります。中学生の頃付き合っていた(といっても、ろくに手も繋がないような、いかにも子どもっぽい関係です)彼から、別れのときにもらった、最後の手紙に書いてあった言葉です。
彼はもうそんな言葉を書いたことを忘れていると思います。私も、その手紙を大事に持っていましたが、高校卒業のとき、処分してしまいました。ですから全文は覚えていません。しかしその言葉は、辛いとき、苦しいとき、どれだけ私を救ってくれたかわかりません。大人になった今でも私を支え続けてくれている、大切な言葉です。

「過去には戻れない。でも未来はやってくるんだ」
職場で薬剤師Yさんに「私のストライクゾーン」について話したら「サブキャラが好きなのね」と言われました。
まさにその通り! 矢島健一さんとか好きです。最近の一押しは堺雅人さんですが、主役やるようになっちゃったからなあ……サブキャラとはちょっと違う。

ちなみにYさんには「今度あの2人から電話がかかってきたら『やあ、サブキャラ』って言ってやろう」と笑われました。
やめて! それはやめてー!!
大河に出演中の川野太郎さん。「かっこいいよね」と言ったら母に「ええ~」と言われました。
いやいや待って待って、私の好みの中では珍しく一般的な方だと思うけど? もっとも、私の年代で川野さんを「かっこいい」って言う人は少ないかもしれないけどさ……やさしげでちょっとかわいい顔してていいじゃないですか。

職場に来る営業さんの意外な若さにびっくりしました。最近ちょっと丸くなってきたのでもっと年上だと思ってましたよ! ちなみにさわやか系イケメンですが、私の好みではないです。

私のストライクゾーンは、一般の人々より広いようです。というか、私のストライクゾーンの中に一般のストライクゾーンも含まれるけどそこは私の好みじゃないという微妙な感じで。
見た目のハードルはかなり低いです。清潔感と知性が感じられればオッケーみたいな。薬剤師Yさんに「あの人とこの人がタイプです(両方とも社内の人)」と言ったら「……共通点が見当たらない(意訳)」と言われました。
中身はねー、こればかりは実際接してみないとわかりませんな。包容力重視で。束縛するより放し飼いしてくれる感じで。

いませんかねそういう人。女ばかりの職場じゃ出会いがないんですよおおおう……。
学生時代からかわいがっていただいて、卒業後も年賀状のやり取りをしたりたまに電話をしたり会ったりしていた男の先輩がいるのですが、

先ほどメールが届きまして

来月入籍ですって。

おおー、今日のやる気が一気にゼロになった。むしろマイナス。
若かりし頃「おっと、もしかして私たち付き合っちゃうのか?」みたいな雰囲気になったのですが、タイミングをはずしまくりで結局そのまま「仲のいい先輩後輩」ポジションに。
ま、いつかこんな日が来るとは思っていましたが。がっ。

何このプチ失恋気分。ああ、学生時代に付き合ってた相手(別れた後も結構仲良かった)がデキ婚したときもこんな気持ちだったわ。

ああ。
癒しが欲しい。
今日は友だちとその彼氏が東京から遊びに来たので、とある所まで一緒に行って、帰りに焼肉を食べました。
食事の最中、友だち彼氏に着信。「今? 彼女と一緒にいて、その友だちが車出してくれて(以下略)」
ああー、友だちに「彼女」の存在を明かしてるんだあ、いいなあと思った私、今までで最悪な出来事を思い出しましたよ。

その昔、1人暮らしの彼氏の部屋に遊びに行っていたときのこと。急に彼氏の友だちが「部屋見に来たー」と来襲。焦った彼氏は私を

押入れに押し込みました。

さすがに自分が情けなくなりましたね。その後ぶち切れて「帰る」と言う私を彼氏が必死に宥めていましたが、今にして思えばあのときすっぱり別れてりゃよかった。その後もずるずる付き合ってしまった自分を叱ってやりたい。

今ではバイトくんを見ては「かわいー、弟にしたい(はあと)」と思う程度で、すっかりがつがつしなくなってしまいました。ああ……年取ったなあ……。

萌えが欲しいです。萌えが。
実はここのところメールのやり取りをしていた男性がいたのですが、不眠症に関するとっても軽はずみな発言をしてくれたので、「そんなもんじゃねえぞ」というメールを最後に数日放置していました。

昨日の夕方、メッセで話し掛けられたので相手をしていたところ「最近メールが来ないから心配していた、どうしたの?(要約)」
覚えがないんですかあなた。
更に衝撃の発言。

「メール交換してくれるなら不眠症について調べます(要約)」

……え、交換条件? つか、今まで時間がありながら調べなかったの? いやー、初めて「ググれカス」と言いたくなりましたよ。ググるといちばん上にWikipediaのページが出てくるんですが、それすらもしてないってことだな。

「わざわざ調べていただくためにメール交換をする気はありません」で終了。もっと言い方があると思うのに、なぜ交換条件。譲歩したつもりでしょうけど、言葉の選び方間違ってますよあなた。

とりあえず「昼寝をすると夜眠れない」ぐらいでわかった気になってほしくないわい。それは自業自得って言うんですよ。
前の相手は、2年ほどのお付き合いだったそうです。
そりゃもうお気に入りの相手だったそうですが、相手の体調不良により、泣く泣く今の相手に乗り換えたそうです。
でも妥協して選んだ相手だったので、飽きるのも早く、次の相手をさっさと見つけてしまったようです。



相方の携帯の話なんですけど。



そのうち私も今の携帯みたいに飽きられるのだろーか……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。